のーもああんこ

プレイしたゲームの日記や記録が中心です

EVE ghost enemies クリア記録

いやーめちゃくちゃに良かった!

EVE ghost enemies(PS4)

プレイ時期:2022年6月30日~7月17日
プレイ時間:40~50時間くらい

一昨年やったrebirth terrorが素晴らしい出来だったので楽しみにしていて発売日からプレイ。本シリーズは一旦面白くなると止まらないんだなー。今作も一気にプラチナトロフィー取得までやれました。
以下、基本ネタバレ無しのつもりだけど、若干触れるところもあります。ただ本質的なところには触れていないつもりです。

感想とか色々箇条書き

  • いやー素晴らしかった!めちゃくちゃに面白かったし、色々な感情が芽生えた…!! こういうのでいいんだよ。
  • おそらく前作、前々作をやってなくても楽しめるとは思うのだけれど、正直なところ両作をやっているのが前提になっちゃうかなーという感じではある。前提条件をクリアしている人は絶対楽しめる。2作共やっているような人が本作を楽しめない訳がない。
  • テキスト量が多いのにも加え、選択肢全部潰してのプレイングなのでかなりクリアまで時間かかった感じ。でもEVEシリーズは全選択肢選ぶくらいの方が楽しめるんだよねえ。
  • ある局面で能動的に打てる「パスワード」。わからないなりに考えた言葉が「意味的には」合ってたのでちょっとオオ…となった。意味的には。
  • サイトチェンジシステムがとても良い使われ方をしていたと思う。サイトチェンジシステムはどうしてもバーストエラーでのそれと比較されてしまうと思うんだけど、本作はまたそれとは違う上手い使われ方をしていたな。素晴らしい。
  • シャトレーゼちゃん案件」は笑ってしまった。前作プレイ者がニヤリとできるファンサービス。
  • 驚いたこと。自分がクリアした時点で本ゲームのいわゆる「クリアトロフィー」を、本ゲーム購入者の54.5%が既に取得していること。発売されて1ヶ月も経ってないのにこれってめちゃくちゃすごいことではないかと思う。(22/7/17 22時時点 PSN情報)
  • テキスト等がおかしいかなと思った箇所が2箇所あったのでメモ。1つはまりな編での大学のあるシーン。ある女性を指す代名詞が「彼」となっていたところと、もう1つはまりな編の後半のあるセリフ「100万ビット~」の「万」がボイス漏れしていたところ。
  • DL通常版を買ったのだけれど、サントラ・原画集がつく物理ソフトの初回限定版を買えば良かったかなと後悔。
  • 次回作もぜひ作って欲しいなと思う。そのために本作は売れて欲しい…!そしてもし次回があればここ2作品のように過去作の続編的なものではなく、過去とのしがらみのない完全新作を期待したいところです。

第二回キャンサー杯 決勝記録

キャンサー杯2回目の決勝記録です。

決勝メンバー

結局最終日に更新できずで予選ラウンド2 二日目のメンバーで決勝も。

いつもより満足感のある仕上がりなので、もし負けても納得できる…はず。その時は相手が強かったということ。

決勝マッチング

決勝マッチング。

  • ライバル1:SS先行クリオグリ/SS逃げ水マル/SS追込タマモ
  • ライバル2:SS先行エル   /SS差し会長 /SS差しチアネイチャ
  • あんこぺこ:SS+差しデジタル/SS差しダイヤ/SS差しチアネイチャ

脚質構成は追込1-差し5-先行2-逃げ1。
うおっと…!正直嬉しい構成のマッチング。単騎逃げで隊列が伸びないので唯一の逃げ水マルさんに負けることはまず無し、クリオグリも1人だけ。怖いのは差し追込の加速ガチャを上手く引かれること。なんとか自分が引いて勝ちたい!
しかし前回に続いて今回の決勝も比較的多様性があるマッチング。なんかイイですよ、こういうのウンウン。

結果

いざ出走…からの…!

しゃいしゃーい!! デジタル(とダイヤ)がノンストップガール最速で引いて勝ち!! イイ勝ち方をしてくれた…!
キャンサーは二連覇なので初めての☆付き称号に。ヤリマシター!! これでチャンミは通算9勝6敗、かな?

決勝動画


動画も記録に残しておくマン。フルVerも保存してあるけど長すぎるので終盤直前から。
ちなみにデジタルは序盤でかかってしまっていてスタミナ不足の懸念があったけど、問題なく最速スパートできてヨカッタ。

なぜ勝てたか

  • ステ/スキルの仕上がりに自信がある2人が出来ていた
  • 加速スキルを良いタイミングで引けた
  • マッチング運が良かった&一方的に負けるような脚質構成を引かなかった
  • 相手のクリオグリの固有がUMA2起動だった

最後のは多分スキル不発の保険だと思うけど回復スキル4つ持ちでした。ただ正直なことをいうと今回スリーセブン起動以外のクリオグリはそこまで怖くないんですよね。保険のUMA2発動ではスリーセブンから比べてカナリ弱くなりアドバンテージは相当薄れるし、4つも回復スキル取っちゃうと他のスキルも薄くなっちゃうしで。

キャンサー杯2回目終了時点の進行状況記録

いつもの記録も。

終了時点で育成回数943。前回チャンミ終了時点が903育成なので、丁度40育成かー。

次回に向けて

負けたら次回、距離によっては1回使い回しでいこうかなあ、ってくらいの予定でした。
で、でも勝ったので頑張る予定です。現金マン。ここ2回「次回はファインを使いたい」と言って、結局使ってないので何とか使うチャンスがあれば良いな、どうでしょう。

第二回キャンサー杯 予選ラウンド記録

気付けばあとは決勝を待つばかり…!!

第二回キャンサー杯予選ラウンド登録メンバー

珍しく色々個体を試して、最終的なメンバーが以下の3人。デジタル/ダイヤ/チアネイチャ。

デジタル、ダイヤに関しては満足の個体が出来たかな―という感じ。こんなステで仕上がるとは…!残るチアネイチャはもう少し強い個体が出来れば良かったけど間に合わず…😫 でもワンチャンあるくらいの能力はあるある。
全員ノンストップガールが最速で出ればまず勝負の土俵に乗ることができ、同時に加速スキルが1~2コ出れば勝ち負けになる、みたいな感じ。運次第ではあるけれど、自分より強い相手にでも一発を入れられるのが差しの良いところというか、楽しいところ。UG2のクリオグリをダイヤがハナ差まくった回は脳汁が出たよふはは。

第二回ジェミニ杯予選ラウンド結果振り返り

  • 予選トータル:51-29
    • ラウンド1 一日目:14-6
    • ラウンド1 二日目:12-8
    • ラウンド2 一日目:12-8
    • ラウンド2 二日目:13-7

前回と同様くらいの勝率。正直なことを言うともっといけるんじゃないかと思っていたんですけど(謎の自信)、周りが強くてそうもいかなかったなー。ううむ。
個々の成績はこんな感じで。

この他ファインも5戦だけ採用。ただ未勝利でしたタハー。やはり今回のコースではクリオグリ以外の先行は厳しいなーという感じ。有効発動する可能性がめちゃくちゃ低い加速スキルしかないのが辛いところ。活躍させたかっただけに残念だなあ。

負けメモ(計29敗)

負けた相手は以下。

  • 先行クリオグリ 11
  • 逃げチョコボン 3
  • 逃げ水マル   2
  • 逃げダスカ   2
  • 差しブライアン 2
  • 差しチアネイチャ2
  • 追込ゴルシ   2
  • 逃げファル子  1
  • 逃げスズカ   1
  • 差し会長    1
  • 追込クリオグリ 1
  • 追込イナリワン 1

クリオグリ以外はかなりバラエティに富んでいて楽しい感じ。ま、まあクリオグリだけ勝ちすぎではあるんだけど!
驚いたのがスズカに負けた回。しかも圧勝された。逃げの中でもかなり弱い方のスズカで勝つのはすごいなあ。愛。

予選で思ったこと徒然

  • 想定通りクリオグリ/水マル/チョコボン率が高い。ただ、極端に出現率が高いのはクリオグリだけで他は色々な組み合わせを見れた。良いこと。
  • 想像以上に独占力持ちが登場する。実際独占力は強力で、それによりハナ差アタマ差で負けた回が何度もあったため自身も独占力持ちを出すことにしたという。
  • 逃げ先行計6マッチは80戦して5回程。アナボ/彼方の依存度が高い差し3構成はこの構成になったら終盤開始時点で(アナボ/彼方発動の)5~6位を取れないから詰みと思っていたけど、やっていたら何回かは勝ててしまった。勝ち筋はノンストップガールが最速で発動し、加速の途中でアナボ/彼方が発動しさらに加速するルート。
  • カワカミは自分で使ってわかったけど固有が全くといって良い程出ないので初日で外し…。使っている人全く見ないのも納得でした、もう少し出やすくして欲しいなあ。

優勝号外コレクション

デジタルとダイヤは過去貼ってるので、これまでに貼ってないカワカミの2枚をペタリ。