のーもああんこ

プレイしたゲームの日記や記録が中心です

龍が如く極2 クリア記録

龍が如く極2(PS4)

プレイ時期:2022年5月2日~5月11日
プレイ時間:20時間

昨年後半から神室町舞台シリーズ6作品目。連休も使って一気に。

感想とか色々箇条書き

  • 本編は0、極1、そして本作と続けて良かったなあと思える内容で面白かった。ボリュームも極1より多く満足感。3作続けてプレイしたからこそ味わえるものもあって。
  • 真島編は全3章と短いながらもこみ上げるものがあった。再開シーン、そして最後のシーン。真島が好きなのでどうしても感情移入してしまうなあ。
  • 別作品で名前だけ何回か見ていた某派がついに登場してきて思わず「おっ」と思ったり。
  • 0、極1では戦闘中に拾ったもの以外の武器を使わずに戦闘していたけど、今作はそこそこ活用。そして威力に驚く。こんなに強かったとはー。 ただボス戦で相手が素手なのに刃物や重火器を取り出して戦うのは何だか気が引ける。使ったけど!
  • サブストーリーは今回も街中のものは全消化。ミニゲームが関係するヤツはほぼ未消化、という感じ。
  • 今回のメインミニゲームであろうクランクリエイター、水商売アイランドは触りだけやって終了。ミニゲームは「面白そう」より「面倒そう」がどうしても勝ってしまって。でもコレが許されるのはありがたい。
  • 食事で経験値が貰えるシステムは良かったように思える。満腹度があるため無制限には食べられないのでバランスブレイカーになっている訳では無いし、飾りになりがちな街中の飲食店に光も当たるしで。
  • 作品で唯一違和感…というのか気になったのは、桐生&ヒロインの恋愛感情。これだけ取ってつけたように思えたりもしたなー。
  • 7、0、極1、極2とやってきて一旦ここで龍が如くシリーズはストップしようかなと思っていたけれど、ここまできたら残りもプレイすべきかという気にもなっていたり。ただ本作に続く3の評判がすこぶる悪いのだよね、さてどうするか。


チャンピオンズミーティング結果まとめ(2021年5月~2022年4月)

先のアリエス杯でチャンミも12回目ということで1年分終わったので全12回結果をまとめた記録を残しておこうかなーっと。直接貼り付けると横に伸びすぎちゃうので画像で全成績を。

1年間12戦で7勝5敗。不運で負けた回がある一方、ツキで勝ってる回もあるのでトータルとしてはバランスが取れた結果なのかとも思います。せっかくなので全体を軽く振り返ってみよう。

タウロス杯(2位)

一番楽しかったのがこの最初のタウロス杯かもしれないですね。何が良いか・何が良くないかがまだ不明瞭で色々な面で手探りだった頃。少しずつ育成も上手くなっていって楽しくてしょうがなかった頃でもあって。
また今とは違いこの頃はルームマッチが無いから、育成メンバーの良し悪しがすぐには判別がつきづらかった。ストーリーモードや予選結果を見て色々考えたものだー。
決勝は負けてしまったけど、敗戦濃厚の場面でネイチャが突っ込んできて、ハナ差の展開まで持ち込めたのがいい思い出。アツかった。負けても「次こそは勝つ!」とモチベーションがむしろ上がったのも覚えている。

ジェミニ杯(優勝)

はじめてプラチナを取れたのがジェミニ杯。ギリギリまで更新を狙って、決勝直前に(当時としては希少だった)Sランクゴルシが誕生して、実際にそのゴルシが勝ってくれたのが印象深いです。やっぱ嬉しかったな、頑張った結果が出たことが。

キャンサー杯(優勝)・レオ杯(優勝)

決勝のマッチ運に比較的恵まれたキャンサー杯、エースの水マルさんと心中する2デバフ作戦に出たレオ杯と続けてプラチナでチャンミ3連勝。ふはは。…し、しかしいつまでもこんな成績は続かないのです。

ヴァルゴ杯(2位)・ライブラ杯(2位)

共に納得のいくメンバーを育成でき、かつ予選も勝ちまくったこの2大会。今までよりずっと自信のある決勝だった。……にも関わらず共に決勝負けでガクリ。慢心も無かったとは言えない。この2敗はずっしりと響いてモチベーションを失い育成数は急激に減っていくのであった…ああ。

スコーピオ杯(優勝)・サジタリウス杯(優勝)

やる気低下中の2大会。過去個体を2~3体流用をするようなメンツで勝てるはずが…と思いきや、まさかの両方プラチナ。何とか決勝進出…というレベルから優勝しているのは不運負けでもあったヴァルゴ・ライブラの揺り戻しを感じた。
まだまだやる気は戻りきっていないものの、この2回を勝ったから完全に辞めることが無かったように思えます(現金)。この頃からそのチャンミにおける育成数を記録していて、スコーピオでは49育成、サジタリウスは15育成。

カプリコーン杯(2位)

カプリコーン杯がはじまる数日前にようやくモチベーションが戻ってきて育成再開…ッ。
育成数は30育成。仕上がりきらないメンバーで、チャンミはじめて3位を取ってしまうもやる気は復活。

アクエリアス杯(優勝)

完全にやる気を取り戻して105育成。105て。やる気出しすぎでした。
その頑張りもあり結果は優勝。この回はファル子・デジタルの2人を使えて、かつ2人とも活躍してくれたのが楽しかった。

ピスケス杯(2位)

新シナリオ実装で気持も新たなピスケス杯。ステ合計自体は仕上がった3人を用意し、予選も9割近く勝つも決勝負け。これも正直なトコロ不運負けだとは思うけど*1、中盤スキル・賢さで劣っていたからワンチャンスを持っていかれた結果でもある。ううむ。
育成数は55育成。ただかけた時間はアクエリアス杯以上な気がする。

アリエス杯(優勝)

新シナリオ実装2回目。あまり強くないと評価されていたサトノダイヤモンドを入れたら結構勝ってくれて嬉しかったチャンミ。ま、まあ決勝は結局Tier最上位であったクリオグリが優勝してくれたんだけど!
育成数は58。ピスケス杯と同じくらいの時間をかけた結果。報われた…というか続けて2位だったらまたやる気なくなってただろうなー😂

という感じでした。なんだかんだでチャンピオンズミーティングがあったからこそウマ娘を続けてこれた。対人戦は楽しいのだー。
今後も同じ楽しみ方ができるかどうかはわからないけれど、まだまだウマ娘を楽しんでいきたいです。

*1:同じメンツで練習をして8割勝てた

アリエス杯 予選&決勝記録

アリエス杯の予選と決勝記録をばばば。

アリエス杯登録メンバー

今回も3エース構成。今条件での大正義クリオグリ+差しドーベル+差しダイヤの布陣。

大事な中盤スキルと賢さをそこそこに盛れてどの個体も中々の出来かなっと。前回はそれらの差が決勝での明暗を分ける要素の1つだったので、経験を活かして活かして。

アリエス予選結果振り返り

  • ラウンド1 一日目:17-3
  • ラウンド1 二日目:19-1
  • ラウンド2 一日目:12-8
  • ラウンド2 二日目:15-5

の通算63-17、勝率79%。まずまず。個々の成績はクリオグリ30、ドーベル17、ダイヤ16の勝ち数。クリオグリだけじゃなくて差し2人も結構勝てるのが楽しいところ。
負けパターンは大きく3パターンで、多頭数の逃げに隊列を伸ばされて届かなくなるパターン、ライバル差しのアナボ/彼方/ノンスト引きパターン、自分より強いクリオグリに順当に負けるパターン。
中でも多頭数の逃げパターンはこちらの3人の順位条件系スキル潰しも兼ねていて、早々に勝ち目ナシになることがあって怖いんですよね。なるべく引かないことを祈りつつ決勝へ…。

アリエス杯決勝振り返り

決勝の脚質構成は、追込1-差し4-先行3-逃げ1。
相手はSSまで。会長&グラスで独占力デバフ2枚あるのは気になるものの、最大の懸念であった多頭数の逃げ構成にはならずチャンス到来。結果は………。


優勝!😭
差し勢2人が加速不発、残ったオグリもノンスト不発ながら固有は発動してなんとか勝利…!! 最後は相手のグラスに迫られていて怖かったけど、よくクビ差残してくれたー。脳汁どぱどぱ。この瞬間のために頑張った…!

何故勝てたか

  • 明らかな格上相手を引かなかった
  • 脚質構成で厳しい組み合わせを引かなかった
  • 自分のクリオグリがきちんと固有発動してくれた
  • 独占力を貰っても勝ち切るだけのリードを作れた

次回に向けて

いやー優勝で嬉しかったけど、次回は今よりはペースを落としてやるかなーという見込みです。やる気こそまだまだあるんだけど、今の環境は1育成が重すぎて日々の負担になっちゃってるのがネック。とはいえ、いざやりはじめたらそれなりに頑張ってしまいそうでもあるんだけど!
プレイ頻度はともかく、次は殿下をどうにか使いたいなという思いがあったり。シナリオを読んでから大好きなキャラになったのにまだ一度もチャンミで使っていなかったファインさん。そろそろ使って勝たせたい。貴様~。

アリエス杯終了時点の記録


終了時点で育成回数827。前回チャンミ終了時点が769育成なので、この間58育成。前回同様かなりの数途中やめをしているのであまり参考にはならないかなっと。平日はシニア4月で距離Sを取れなかったら大体そこで「あきらめる」押しているし。まあまあゆるゆる今後もやっていこういこう!