装備改修状況メモ2

現状とこれから。

2016/3/9時点。

主砲
12.7 ★10x2
12.7B型 ★6x4
10cm+高射装置 ★10x2
20.3(2号) ★9x1、★6x8
20.3(3号) ★6x5
35.6 ★10x4
試製35.6 ★4x1
38改 ★10x2
381/50 ★10x1、★7x1
41cm ★10x2
試製41 ★4x1
46cm ★4x2
試製46 ★2x1
魚雷
4連装(酸素) ★10x5
5連装(酸素) ★6x3
その他
OTO副砲 ★10x1
九一式徹甲弾 ★10x3
探照灯 ★10x1
大型探照灯 ★2x1

これらは、改修を一年間続けたたまもの。ホント。改修実装当初はほとんどやってなかったんだけど、昨年冬イベを期にきちんとやり始めた。

メモ

ついに大型探照灯を作ってしまった。これで普通の探照灯在庫0に。どうも探照灯★10と大型探照灯★なしと比較しても、吸引力は大型の方が勝るようで。

現在は試製35.6と試製41を主に改修。素の35.6って試製35.6に改修できるのだね、今ある★10 4本もそのうち試製にするかな。

水上戦闘機は作るべき・改修すべきなんだろうか…。1機はあったほうが良いのかなあ。

徹甲弾は今回の冬イベで、改修済みが5つあった方が良いとわかった。あと2つ作る。

他に小口径主砲がもう4本必要。これは改修するのが無い日にちまちまと12.7★10を作るのが良いかな。